通勤電車で毎朝1時間かけて出社。デスクワークで座りっぱなし。基礎体力なんざ、たかが知れている。

同期はジム通いをしだした。「タキシードが…」「着れる服がねーわ」「アウトレット行ったらサイズなくて肥満に居場所は無かった」「嫁にけなされた」「合コンに行けない」理由は諸々。

毎晩飲み歩いた後はラーメン、夕飯にラーメン、そんな先輩陣は「ラーメンは年1の御馳走」と言い出した。「血糖値が」「体脂肪が」「期外収縮が」などなど。生命の危機的な理由でガチで何とかしなきゃイカン領域に達してしまったからだ。

私はというと、社会人になって数年経った今では駅ホーム内の駆け込みなど必要に迫った時以外、激しい運動は極力避けてきたために、勿論運動らしい運動なんてせず。そりゃ太るわー。でも決定的だったのは食事な!食べるの大好き!ばか!

さかのぼるが、高校までは毎日嫌いな体育があった。体育が嫌いな癖に友達といつも廊下でバタバタ走り回り体育館でも走り回り、ステージ裏でも校庭でもバルコニーでもばたばたばたばたばたばたたばた。お馬鹿で無意味な行動のお陰か、食べても消化。163cmで47kg(これでもデカい方だった)だった。

がしかし。進学してから、のんべんだらりな牧歌的な生活に突入。52kg,55kg.58kgと着実に肥えて行った。恐かったのは、自分に甘くて楽観的で根拠のない危機意識の無さ。

着たい服が着れなければ、違う服にシフトすればいい。

顔が太ったらヘアスタイルを変えれば良い。

とか何とか。皆でヘラヘラヘラヘラ毎日自分大好き自分の好きな勉強して、学食で食べて、皆の手作りのオヤツ食べて、勉強して、また食べて、帰宅。ありきたりな幸せな日常。肥えてもわが身可愛さで外見は気にしない。学校生活では外見的に美人・可愛さを追求する様な感じでは無かったので、余計に。不都合ある訳でもないし、別にいいじゃん、と言った具合だ。

がしかし、社会人になって初めての一人暮らしをし始めてから、58kg.55kg.54kg.52kg.51kgと着実に減って行った。と言うかヤツレだった。そこで初めて痩せた事でのメリットに気づいた。

・身体が軽いから割と長時間走っても苦じゃない

・ヒールが高くても疲れにくい。

・冷え性なので着こんでも重々しくない。

・パンツスタイルとスカートのフォルムが限定されなくて済む。

経済的にも体力的にもメリットを身をもって知った事で、痩せている事の大義が見つかった。

1人暮らしの頃は、貧困(実家への仕送りや貯金など諸々)と社畜(業界は伏せる)のお陰で、走ったり、何日も突っ立ったり、とにかく駆け回る日々だった為に、キチンとした食事は1日に1食ガッツリ、食べれる時に食べる、という生活だった。

にもかかわらず。着々とサラリーマンOLをしていく内にまーた56kg行っちまった。

今は…年も重ねて何とか生活が安定化し、1日3食という規則正しい御食事を頂けることになった。それが、美味い。美味いんだよ。食事が!ヘロヘロで帰宅して、もーお風呂入って眠るわーってなっても、食卓に食事が出てる。食欲が出る。食べる。美味しい。おかわり。食べる。

肥えた。

そーいやもう駆け回ってない。デスクワークであーだこーだ言う仕事になった。これだ。

あれだけ「俺達もー振り回されてさ、その度に走って右往左往するの嫌だよな」「ずっと座っていてえーわー」「毎日常識の範囲の時間にぬくぬく電車出社してえ!」とか何とか言ってたのに、お金を払ってジムに行く始末。

それもこれも彼らのお腹についたポニョのせいだ。私は足な。

やばくね?

同期同士で若かりし頃の社内報を見た。

細くね?

私に足りなかったのは、危機感だ!戸愚呂も言ってたわー。

しかも、身長って縮むのね。びっくりしたわ。顔は劣化の為に下に伸びて大きくなるのに、身長は縮む。現在160cm。嫌だわー。しかも56kg。嫌だわー。

嘆いていてもしょうがないので、取り敢えず、痩せる。目下、食事制限をする。勿論急に減らせは出来ないので徐々に。それから毎朝1hストレッチするわ。

というお話。あくまで自己満ブログになりますが…戒めの為に公開処刑してみた。写真は成果が見受けられたら途中で載せるかも。多分載せない。いや、載せるか。解んねー。

因みに女性の日が云々は肥えの言い訳にはしない事にする(笑)

何故なら、女性の日の当日や前後でも、体重が停滞していた時もあったので。

んじゃま、はい開始。